MENU

エドラマインド 無料版と有料版の違い

当サイトはアフィリエ イト広告を利用しています

マインドマップソフトのEdrawMind(エドラマインド)。

「無料版」「有料版」の違いについて書いておきます。

目次

エドラマインド 無料版と有料版の違い(一覧表)

デスクトップアプリ(Windows、Mac、およびLinux)

EdrawMind デスクトップ無料版有料版
ベーシックマインドマップ機能
追加可能なトピック数100無制限
複数のトピック/フローティングトピックの追加
複数のシート2無制限
関連線、吹き出し、囲みおよび要約
添付ファイル、ハイパーリンク、メモとコメント
マーク、タグと写真
クリップアート各カテゴリ最大8枚まで無制限
公式編集×
背景、トピック、ブランチ、コネクタをカスタマイズする
フィッシュボーン図とタイムライン×
虹の色と手描きのスタイル×
利用可能なテンプレート数126126
利用可能なレイアウト1422
カスタムテーマを追加する×
スライドの作成と表示5枚まで無制限
スライドの印刷とエクスポート×
全画面モード
ブレインストーミング機能アイデア5つまで
タスク追加
ガントチャート機能×
トピック/ブランチのトラバース5 トピック/ブランチ
ファイル回復220
クラウドストレージ10M年間ライセンス: 1G
永久ライセンス: 10G
ファイルの暗号化×
マインドマップの印刷基本設定基本設定+その他の設定
MindManager、Xmind、FreeMindと EdrawMaxファイルにインポート
Word、HTML、Markdownファイルにインポート50トッピングまで無制限
JPG、PNG、SVG、PDF、PS、EPS、HTMLファイルとしてエクスポート透かしあり無制限
編集可能なWord、Excel、PPTファイルとしてエクスポート透かしあり無制限
MindManagerファイルとしてエクスポート×
ソーシャルメディアで共有
キーボードショートカットのカスタマイズ×

Androidアプリ

EdrawMind Android無料版有料版
ベーシックマインドマップ機能
追加可能なトピック数無制限無制限
複数のトピック/フローティングトピックの追加
複数のシート無制限無制限
関連線、吹き出し、囲みおよび要約
添付ファイル、ハイパーリンク、メモとコメント
マーク、タグと写真
フィッシュボーン図とタイムライン×
サーキュラーマップ、バブルマップ、セクターマップ×
虹の色と手描きのスタイル×
利用可能なテンプレート数412
利用可能なテーマ数633
利用可能なレイアウト1422
ファイル回復220
クラウドストレージ10M年間ライセンス: 1G
永久ライセンス: 10G
画像やPDFファイルとしてエクスポート透かしあり
ソーシャルメディアで共有

iOSアプリ

EdrawMind ios無料版有料版
ベーシックマインドマップ機能
追加可能なトピック数無制限無制限
複数のトピック/フローティングトピックの追加
複数のシート無制限無制限
関連線、吹き出し、囲みおよび要約
添付ファイル、ハイパーリンク、メモとコメント
マーク、タグと写真
フィッシュボーン図とタイムライン×
サーキュラーマップ、バブルマップ、セクターマップ×
虹の色と手描きのスタイル×
利用可能なトピックの形状1430
利用可能なコネクタスタイル110
利用可能なブランチスタイル16
利用可能なテンプレート数412
利用可能なテーマ数633
利用可能なレイアウト1422
クラウドストレージiCloudiCloud
ファイルの暗号化×
画像やPDFファイルとしてエクスポート透かしあり
ソーシャルメディアで共有

WEB版(オンライン)

EdrawMind オンライン無料版有料版
ベーシックマインドマップ機能
追加可能なトピック数100無制限
複数のトピック/フローティングトピックの追加
複数のシート2無制限
関連線、吹き出し、囲みおよび要約
ハイパーリンク、メモとコメント
マーク、タグと写真
公式編集×
レイアウト間隔を設定する
背景、トピック、ブランチ、コネクタをカスタマイズする
フィッシュボーン図とタイムライン×
サーキュラーマップ、バブルマップ、セクターマップ×
虹の色と手描きのスタイル×
利用可能なテンプレート数126126
利用可能なテーマ数633
利用可能なレイアウト1422
スライドの作成と表示
全画面モード
ブレインストーミング機能アイデア5つまで
アウトライナー ショー
ファイル回復220
クラウドストレージ10M年間ライセンス: 1G
永久ライセンス: 10G
ファイルの暗号化×
EdrawMind、Xmindファイルをインポート
画像やPDFファイルとしてエクスポート透かしあり
ソーシャルメディアで共有
オンライン コラボレーション1つのファイルで最大3人のユーザーと共同作業1つのファイルで最大15人のユーザーと共同作業
マイ グループ×

私が無料版→有料版に移行したタイミング

次のようなポイントを重視してマインドマップソフトを探しました。

Edrawmindを使い始めたときのマインドマップソフト選択基準
  • 複数端末からのアクセスが容易
  • WEBブラウザ上で使うことができる
  • 動作が軽快
  • 無料版でもかなり使える
  • 有料版ライセンスは「サブスク」ではなく「買い切り型」
  • 評判が悪くない

で、エドラマインドに行き着きました。

使ってみた感触も悪くなく、しばらく無料版を利用していました。

その後に有料版に移行することを決意。

そのタイミングは・・・「トピック数が100になった」ところです。

トピックというのは、エドラマインド特有の用語?

一般的には「ブランチ(枝)」といったほうがわかりやすいかもしれないですね。

エドラマインドには「中心トピック」「フローティングトピック」といったのもあり、厳密にはブランチ数=トピック数にはなりませんけれども。

ともかく、エドラマインド(無料)のデスクトップアプリ・WEB版の場合、

トピック数は1つのマインドマップで100まで

という制限があります。

スマホアプリ(Androidアプリ・iOSアプリ)だと、この制限はないみたいです。

が、私はPCでの利用がメイン。

なのでこのトピック数100になったところが、有料版にするかどうかの迷いポイントとなりました。

マインドマップを2つに分けて、まだ無料版で使い続ける

という手もありました。

しかしいずれは有料版にしたいと考えていましたし、エドラマインド有料ライセンスは「買い切り型」があるので先延ばしせずに購入することに決めたのでした。

私がそうしたように、まずはエドラマインドを無料でためしに使ってみて、有料版にしたくなったタイミングでそうするのも悪くないんじゃないかと思います。

WEBブラウザでも使えて、便利ですよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サブスクより買い切り型が好きです。

コメント

コメントする

目次